寺泊の魚を食べようプロジェクト


【寺泊の魚を食べようプロジェクト】

これは現在、寺泊漁協と長岡市が主体となり、寺泊産の魚を資源とした地域活性化、また未利用魚の有効活用を目的としたプロジェクトです。

 

地産地消を軸に、他業種とコラボした形で新たな活用例を提案していき販路拡大を目指すものになるのですが、以前お知らせしたHAKKOtripもそのプロジェクトの一環として出店したものになります。

そして今回は12月15日・16日と2日間にわたり食育イベントを長岡市内の2か所の保育園で実施させていただきました。

子どもたちには、魚が獲れてから食卓に並ぶまでの流れと、未利用魚とはなにか?について説明してきましたが、純粋な子どもたちは一つ一つの説明に笑ったり、驚いたりとリアクションしてくれるので、こちらも嬉しくて気持ちのいい説明会ができました。

メギスのハンバーグの試食も行いましたが、さすが純粋な子どもたち。
「おいしい」「まぁまぁ」「おいしくはない」などと、大人はなかなか言わない率直な意見も聞けてとても参考になりました。楽しかったからまたやりたいものです。


またプロジェクトの動きがあれば皆さんに報告させていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です