柳ガレイ


9月に入りましたね。
今年の夏もあっという間に過ぎた感じがありますが、
とにかく暑かった印象が強かった夏です。

9月に入ると底引き網漁が解禁されます。
そうなると今までと魚種はガラッと変わり、ニギス、
カレイ類、アンコウなどなど…。
これから旬を迎える魚たちで賑わいます。

その中で今回は新潟県のプライドフィッシュでもある
【柳ガレイ】について少しご紹介したいと思います。

ちなみに、プライドフィッシュとはリンクにも載せてますが
各都道府県の春夏秋冬に漁師たちによって選定された自信を
もっておすすめできる季節の魚のことです。
【柳ガレイ】はその中で新潟県の秋の魚に選ばれてます。

正式名称は【ヤナギムシガレイ】といいます。
柳の葉のような形をしているムシガレイということですね。
ムシというのは魚体に虫食い状の斑紋があることから…。
もっと良い言い方ありそうですけどね(笑)

旬の時期は産卵前の10月~12月。大きければ大きいほど
美味です。特に卵を抱えてるものが最高級品として扱われます。
皮目に脂が乗っており、焼き物にはもちろん、唐揚げやソテー
刺身と幅広い調理に向いてます。
特に旬のものは、干物に向きます。新潟県の水産海洋研究所
では【柳ガレイ】は干物に一番向いているとの調査結果も
あるそうです。
カレイ類の中では、最高級品にあたるブランドカレイなのです。

ノドグロやタイほどの知名度はないですが、味は間違いない
寺泊も自信をもっておすすめできる魚です。

みなさんも、ぜひ一度ご賞味いただいてみては?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です