快挙


突然の告知となりますが、明日12月19日(土)【地方創生☆政策アイデアコンテスト2020】の最終審査会が開催されます!
そして、その最終審査会に挑むファイナリストに新潟県長岡市のアイデアが選ばれました! しかも3部門中2部門に2つ!

 

そもそも【地方創生☆政策アイデアコンテスト】というのは、内閣府が主催しておりRESAS(リーサス:地域経済分析システム)を活用して、地域課題を踏まえた地域を元気にする政策アイデアを募集するコンテストです。

もちろん全国規模のコンテストであり、地方審査を勝ち抜き、高校生・中学生以下の部と地方公共団体の部の最終9組に選ばれた長岡市のアイデアというのが、寺泊漁業で未利用資源となっている「エソ」という魚を使った地域活性化プロジェクトなのです。
これは凄いことであり、全国に長岡市寺泊の名前を知ってもらう大きいチャンスです。

コロナの影響で最終審査会もリモートによるオンライン審査になりますが、そのプレゼンテーションの様子も【ニコニコ生放送(会員登録不要でどなたでも視聴できます)】で配信されます。うちの副組合長のスピーチもお見逃しなく!

長岡市は、もちろん漁業だけではありませんが、寺泊漁協にとって本当に頼れる大きい
存在であっていつもバックアップしていただいてます。
これからも互いに協力しあい、寺泊の漁業を活性化していこうと思います。

コンテストの詳しい内容はこちらから↓
https://contest.resas-portal.go.jp/2020/index.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です