寺泊神経〆鮮魚ブランド【寺神】販売開始


以前にNHK放送や新潟日報さんなどにも取り上げていただいており、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、寺泊独自の神経締め基準を設けた鮮魚ブランド【寺神(てらしん)】の正式な取り扱いを開始します。

最近は神経締めに関してはメディアでも取り上げられる事が多くなっておりますが、簡単に説明すると、魚の旨味成分を最大限に残しつつ、鮮度を長持ちさせる技法を神経締めと言います。
そして寺泊の独自の基準を満たした厳選されたものだけが【寺神】の名を冠し出荷されます。

 

 

販売開始時期は以下の通りです。

日にち:令和2年4月15日(水)出荷分より。
※基準に見合った魚がなければ翌日以降となります。

基本的にはセリ売販売になりますが、一般の消費者の方へも届けられるように「ふるさと納税」の返礼品としても受付を開始します。
「ふるさと納税」の受付開始日は令和2年4月22日になります。            詳しい内容はリンクの「ふるさと納税」から受付開始日よりご覧になれます。

本来は、長岡市が全面バックアップのもと、メディア向け【寺神】発表会及び試食会を予定しており行政と一丸となって準備を進めてきたのですが、新型コロナウイルスの影響を考え、自粛する結果となりました。
世間がこんな時にブランド化?コロナ収束してからすれば?といった声もおそらくあがるかと思います。
ただ世間が暗いムードの中、我々にできる事といえば美味しい魚を届けることしかできないのです。
だからこそ少しでも明るい話題をと、あえてこのタイミングで販売開始いたします。
今自分が出来ることを考え、みんなコロナを乗り切りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です