これはおそらく…


カレイ界の王、マツカワガレイなのでは!?
はたまた、同じくカレイ界のトップに君臨するホシガレイか!?

 

鰭の模様を見る限り、マツカワガレイだと思うのですが、どちらにしろ寺泊ではほぼ見られることはない幻の超高級カレイが揚がりました。

同種にしては小型のほうだと思いますが、大きければ大きいほど美味だそうな…。

いつか腹いっぱい食べてやります!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です